閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

愛犬・愛猫に異変がおきたときの応急処置

病気や怪我など、愛犬、愛猫のカラダに異変が起こった時、なによりも飼い主さんの適切な処置が求められます。必要な知識を身に付け、どのような状況でも対処できるように準備しておきましょう。今回はもしもの時に覚えておきたいペットの応急処置についてお伝えします。

急に嘔吐した場合

病気療養中や空腹時などを除いて、急に嘔吐した場合、吐いた時の状況、吐いた物を確認して、すみやかに動物病院に連れて行きましょう。すぐに動物病院へ行けない場合、嘔吐後は食事や水を与えないようにします。落ち着いた後も食事や水はいつもより量を減らして少しずつ与えるようにしましょう。また、横たわって寝ている時に嘔吐すると嘔吐したものが気管に詰まる危険があるので、しばらくは近くについて見守ってあげましょう。

ぐったりする犬

体に悪いもの(毒になるもの)を口にした場合

おもちゃなど消化できないもの、洗剤、防虫・殺虫剤、灯油など口にしてはいけないものを誤って飲み込んでしまった時は、すみやかに動物病院へ連れて行きましょう。洗剤の容器など口にしたものの成分がわかるものが手元にある場合は、一緒に持っていくようにしましょう。

出血した場合

切り傷などの外傷で出血した時は、ガーゼで患部を圧迫します。ガーゼがない場合は、きれいなタオルやハンカチで代用してください。小さい傷であれば圧迫することで出血がおさまることが多いですが、出血が止まらない、傷口が大きくて圧迫が間に合わない場合は、傷口をおさえたまま、すみやかに動物病院へ連れて行きましょう。

眠たい犬

発作をおこした場合

てんかんなどで発作を起こした時は、数分で発作が落ち着くことが多いので、あせらずに見守ってください。また、発作中に周りにあるものにぶつかってケガをしないよう気をつけてみてください。発作が持続する場合は、早めに動物病院へ連れて行きましょう。

感電した場合

電気コードのいたずらで感電した時は、はじめにブレーカーを落とし、感電した電気コードを抜いて二次被害を防ぐことからはじめます。感電したペットはぐったりしていますが、帯電している可能性があるので直接触れないこと。必ず絶縁体(ゴムなど)の手袋など道具を使って体を動かし、すみやかに動物病院へ連れて行ってください。

リビングでくつろぐ猫

ご紹介した対処の方法は、あくまでその場をしのぐための処置です。処置後に落ち着いたから大丈夫と慢心せず、一時的に安静しているだけの可能性もありますので、動物病院で受診していない場合は、必ず動物病院へ連れていきましょう。

家の中にある危険な場所について

普段の生活の拠点となる家の中には、私たちが何でもないことでも愛犬、愛猫にとっては危険となり、思いがけない事故やケガにつながることがあります。今回は家の中で特に気をつけたい場所、誤って口にすると危険な食べ物についてお伝えします。

続きを読む

シニア期のネコちゃんとの生活アドバイス

大切な家族である愛猫がいつまでも健やかに暮らせるよう飼い主さんがしっかりサポートすることはとても重要です。シニア期になっても幸せに暮らしていけるよう、猫の年齢、環境、病気についてお話します。

続きを読む

ネコちゃんのための7歳からの腎臓ケア

ネコちゃんの代表的な病気に慢性腎臓病があります。特に高齢の猫に多い病気で、7~10歳頃から増えはじめ、15歳以上の約3割が病気を患っていると言われています。今回はシニア期にさしかかる猫のための「腎臓ケア」についてお話しします。

続きを読む

冬に気をつけたい犬・猫の疾患

冬は体調気温が急激に下がることで体の不調を感じやすくなる季節です。私たち人間がそうであるように、犬や猫にも冬になると特に多くなる疾患があります。今回は冬の季節に気をつけたい犬と猫の疾患についてお話しします。

続きを読む

猫の食事について

食事は、生きていく上で毎日に欠かせない行動の1つです。好きなものを選んで食べられる人間とは違い、猫は飼い主から与えられたものを食べます。そのため、飼い主さんが猫の食事に関する知識を学ぶことはとても大切です。今回は猫を飼う上で欠かせない食事について、食べ物や栄養素、食事の与え方など基本的なことについてお話しします。

続きを読む

愛猫の年齢にあわせた生活環境

愛猫といつまでも一緒に過ごしたいという想いは、全ての飼い主さんの願いだと思います。愛猫の健やかな成長のために、年齢にあわせて食事など生活環境を見直すことはとても大切です。今回は猫の年齢が人間のどの年齢にあてはまるか、その年齢で注意することをお伝えします。

続きを読む

ペットの高齢化と私たち飼い主ができること

近年飼育環境や医療の発達により、愛犬・愛猫の平均寿命は14~16歳と年々延びてきています。長く一緒に暮らせることはペットと飼い主さまにとって幸せなことですが、6~7歳を過ぎた頃からシニア期に入り、足腰が弱まってきたり、病気を発症しやすくなったりと、徐々に衰えがみられるようになってきます。一生を健やかに過ごせるよう、ペットの高齢化について考えてみませんか?

続きを読む

ペットにも大切なデンタルケアについて

愛犬、愛猫のデンタルケアを怠っていませんか?デンタルケアで口内を清潔に保つことは口臭・歯周病の予防、さらに歯周病が原因となる重い病気の予防にもつながります。今回は、病気の予防にも有効なデンタルケアについて、お手入れの方法、おうちでできる口腔内のチェックなどについてお話しします。

続きを読む

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!