閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

サークル、ケージを購入する前に確認したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛犬の寝床などお部屋としてサークル、ケージの購入をお考えの飼い主さんもいらっしゃると思います。愛犬の安全を守るという本来の目的や設置する場所を間違えてしまうと思うように入ってもらえないこともありますので、本当に必要なものかを見極めて購入を決めましょう。

利用する目的

桶に入る犬

サークル、ケージは、アルミなどの金属、または木材でつくられた囲いです。一般的に屋根のないものがサークル、屋根付きのものをケージと呼びます。これらを利用する目的は、愛犬の事故を未然に防ぐことです。家の中には、階段、お風呂、電気コード、玄関やリビングの小物など、危険なポイントがたくさんあります。留守番など飼い主さんの目が届かないところで自由に行動させるより、サークル、ケージの中で過ごしてもらうことで怪我や誤飲・誤食の危険を少なくすることができます。

設置場所と大きさ

サークル、ケージの設置場所を間違うと、中に入ってもらえなかったり、中にいる時にストレスがたまって問題行動を起こすようになることもあります。落下物の危険や騒音が大きいところ、さらに時間によって寒暖差が大きくなるようなところはストレスになりやすいので、「周りに落下するような物がない」、「静寂で落ち着きがある」、「直射日光があたらない」、「風通しがよい」といった条件をクリアしている場所に設置してください。

設置場所を決めたら、サークル、ケージの大きさを決めます。愛犬が寝そべって手足を十分に広げられる程の大きさにしましょう。ケージの場合、立った時に頭があたらない余裕のある高さも必要です。また、子犬の時に購入する場合、その時の体のサイズに合わせてしまうと成長と共に窮屈になることがあります。長く過ごした部屋が急に変わると不安を感じることもあるため、壊れない限りは買い替える必要のないよう、最適な大きさのものを選んでください。

トレーニングと注意点

留守番中の犬

サークル、ケージは、寝たい時、一匹になりたい時など愛犬が安心できる空間(お部屋)として認識してもらうことが理想的です。使いはじめは、中でご飯やお水を与えたり、お気に入りのおもちゃ、ベッドやマットなどを入れておくようにして、自分から自然に入るようトレーニングをしましょう。

安心できる空間だとしても、長時間も中にいることはどんな犬にも退屈なことです。留守番が終わった後は、散歩に出かけたり、一緒に遊んであげましょう。また、「吠えるから」「粗相をしたから」「言うことを聞かないから」など、本来の目的(愛犬の安全のため)とは異なる理由でサークル、ケージに入れるようなことはないようにしましょう。

サークル、ケージは利用した方がよいペット用品です

安全を確保するための場所として、ほんとんどのグルーミングサロン、動物病院ではサークル、ケージを使用しています。また、単に自由にすることが重要ではなく、私たちにリラックスできる場所があるのと同じように、犬にとっても安心して過ごせる快適な場所(空間)は必要です。また、災害時の避難所での生活など、もしものことを考えると、サークル、ケージを利用した方が良いと思います。

しかし、犬の年齢(高齢)や性格(狭い場所が嫌いなど)も重要で、一緒に暮らす家族の考えも大切です。利用する/利用しないのどちらもにも絶対はありませんので、サークル、ケージの利用に迷っている飼い主さんは、愛犬の行動を見ながら、家族で話し合いながら決めてください。また、それでも決断できない場合は、獣医師やドッグトレーナなどの専門家に聞いて判断してもらうと良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仔犬の飼い方 - - 犬のストレス - 犬の問題行動の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!