閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

意外と知らない!?犬猫の食べ物NG集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私たちが日頃おいしく食べているもの、犬や猫の体には良くないだろうとなんとなく分かってはいても、愛猫や愛犬からおねだりされるとついつい与えていませんか?さまざまな食材には犬猫の健康に悪影響を及ぼすものもあります。飼い主さんが事前に情報を知ることで、その被害を防ぐことができます。今回は犬猫に与えてはいけない食材をご紹介します。

犬・猫に与えてはいけない食材

犬猫に与えてはいけない食材
  • ネギ類
    玉ねぎ、長ねぎなどのネギ類は、血液の病気(貧血、血尿など)を引き起こします。ニラも同様に与えないでください。また、お好み焼きやハンバーグ、スナック菓子など調理された食べ物に含まれているだけでも同様に健康に悪影響がある食材なので注意してください。
  • イカ/タコ/貝類
    犬の場合、普段食べなれない食材で嘔吐や下痢の原因になります。猫の場合、猫にとって有害な毒素を含んでいるため、絶対に生のまま与えないでください。
  • お茶/コーヒー
    犬の場合、お茶は水のように常用として与えないこと、コーヒーは中毒性があるので絶対に与えないでください。猫の場合、カフェインが中毒を引き起こすことがあり、ノンカフェインでも尿石の症状が悪化、または再発する恐れがあるので与えないでください。
  • チョコレート
    チョコレートの原料に含まれるカカオが中毒や下痢を引き起こす恐れがあります。同じカカオが原材料にあるココアも与えないようにしてください。また、犬の場合、死に至ることもあるため、絶対に与えないようにしてください。
  • アイスクリーム/シャーベット
    アイス、シャーベットにはさまざまな食材が含まれています。犬や猫によくない成分が含まれていることもあるため、容易に与えないよう注意しましょう。特に、猫の場合、前述したコーヒーやチョコレート味のアイスは中毒になる恐れがあるので絶対に与えないようにしましょう。

犬に与えてはいけない食材

犬に与えてはいけない食材
  • ハム/ソーセージ類
    これらの肉の加工品は人間に合わせているので、犬にとって塩分量・脂肪(カロリー)が非常に高くなっています。調味料などに与えてはいけない食材が含まれていることもあるので、少量でも与えないようにしてください。
  • アボガド
    アボガドに含まれる成分に毒素があるため、嘔吐、下痢などを引き起こすことがあります。
  • ポテトチップス
    油で揚げたポテトチップスなどのスナック菓子は、犬にとってカロリーが非常に高くなっています。スナック菓子にはさまざまなフレーバー(味)があるので、その中に与えてはいけない食材が含まれていることもあります。

猫に与えてはいけない食材

猫に与えてはいけない食材
  • 人間用のツナ缶
    人間の味覚にあわせたツナ缶は、猫にとって塩分量・脂肪(カロリー)が非常に高くなっています。内臓系の疾患など健康に悪影響を及ぼすこともあるので、与えないようにしてください。
  • いちじく
    いちじくに含まれる成分に毒素があるため、口内の炎症や嘔吐することがあります。
  • わらび餅
    きな粉や蜜に含まれる砂糖が高カロリーの原因になります。砂糖を含まない場合でも、餅で喉を詰まらせたりすることがあるので、容易に与えない方がよい食材です。

その他にもNG食材は沢山あります。

ご紹介した食材以外にも、与えてはいけない/与えない方がよいものがたくさんあります。ここで紹介した食材以外でも与える前に、犬や猫に食べさせても大丈夫なものかを確認するようにしてください。また、私たちが食生活から健康に気をつけるように、愛犬や愛猫にも正しい食生活で、お互いが元気に過ごせるようにしましょう、

- 犬のデイリーケア - 犬の病気と予防 - 犬の食事 - - 猫のデイリーケア - 猫の病気と予防 - 猫の食事の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!