閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ドッグランへのお出かけについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

晴れの日の休日は、気分が良く行動的になると思います。こんな日はドッグランに愛犬と共にお出かけする飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?今回はドッグランでの過ごし方についてお話しします。

ドッグランへ出かける前に

ドッグランは散歩の代用ではありません。ドッグランへ出かける前に、軽く散歩を済ませるようにしましょう。また、トイレは出来る限り自宅で済ませておきたいですが、もしもの時を考慮し、排泄物を処理できるうんち袋などのグッズは必ず携帯するようにしてください。

ドッグランに着いたら

自身の愛犬はしつけができていても、同じ施設を利用する周りの人たち(愛犬たち)はどういう様子かわかりません。ドッグランへ着いたら施設にはすぐ入らず、どんなタイプの犬がいるのか、また、飼い主さんたちの様子を確認してみましょう。混雑していたり、管理が行き届いていないようなところだと事故が発生する確率もあがりますので、十分に注意してください。

ドッグランで遊ぶ

ドッグランに入ってすぐにリードを外して、ずっと遊ばせていると、リードを付けることが自宅に帰ることと認識してしまい、いつまでたってもつかまらなくなってしまうことがあります。ドッグランに入ってすぐにリードを外してしまわないよう、まずはリードをつけたままいっしょに歩き、タイミングをみてリードを離して思い切り走らせてあげましょう。リードを外した後は愛犬からは目を離さず行動を観察します。また、適度に休憩時間を挟みましょう。遊んでいる途中で呼び戻しを行い、リードをつけてから休憩します。

仲良く走る犬たち

ドッグランでの事故

ドッグランには愛犬以外にもたくさんの犬が遊んでいます。同じ場所に様々な犬種がいると、ケンカになって噛まれてケガを負うなどのトラブルが起こることもあります。事故を予期してドッグランに遊びに行く方はいないと思いますが、万全の注意をはらいましょう。

事故をおこさないためには、施設のルールを守ることが大切です。遊ぶエリア(小型犬、大型犬とサイズごとに区別されている)、遊び方(ボールを使った遊びは禁止)、飼い主さんの年齢制限(子供だけでの入場は禁止)など、まずはその施設で決められたルールは必ず守るようしましょう。また、ルールにないことでも常識的なマナーは身に付けてください。食べ物を持ち込んで食べたり、愛犬をほっといて読書や携帯ゲームなどに熱中したり、このようなことは絶対にやってはいけません。

ドッグランで遊ぶ大型犬

最後に、ドッグランには様々な犬種の犬がいるので社会性を身に付けるには良い場所と考えて出かける方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違った認識だと思います。様々な犬や人間がいる分、自身の愛犬が社会性を身に付けていないと周りに迷惑をかけることになるためです。散歩で外の空気やいろいろな人との交流を経て、十分に社会性を身に付けた後、ドッグランへでかけるようにしましょう!

仔犬の飼い方 - - 犬とのお出かけ - 犬のストレス - 犬の問題行動 - 犬の社会性の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!