閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

動物病院を怖がらないようにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動物病院を怖がるワンちゃんやネコちゃんは多いです。怖がってしまうわが子を見て、連れてくる飼い主さんも動物病院へ通院することが嫌になってしまうこともあると思います。動物病院を怖がらないためのアドバイスをします。

治療にも支障が出ます

動物病院の入口で抵抗して入りたがらない、震えが止まらない、呼吸が荒くなる、ヨダレが止まらない、このように動物病院を嫌がる(怖がる)ワンちゃんやネコちゃんは、治療にも支障が出ることがあります。

キャリーから覗く猫

例えば、おとなしい子だとできる治療や検査が、暴れたりすることでキャンセルになってしまったりします。このような理由で最善の治療を受けられないのはとても残念なことです。動物病院を好きな場所であるように日頃から工夫しましょう。

タイミングを探してみましょう

動物病院へ通院する際、「いつ」「どこで」「どんな時に」、拒否反応を示すのかよく観察してみましょう。

紙袋で遊ぶ犬

家を出る時から嫌がる、動物病院内では喜んでも診察台に乗ると震える、看護師さんは大好きだけど獣医師さんが来ると怖がる、注射の処置で暴れるなど、タイミングは様々だと思います。人間も同じですが、検査や注射をする病院はあまり気分がよい所ではありません。動物病院が嫌いでも当然なのです。しかし、嫌いという理由だけで発見できる病気を見逃してしまったり、治せる病気を長引かせてしまわないよう、克服する必要はあると思います。

動物病院嫌いを克服する方法

ペットたちは飼い主さんの態度や心理状態で不安になったりすることがありますので、まずは飼い主さん自身が安心して預けられる動物病院を選びましょう。飼い主さんがリラックスするだけでもペットの様子は変わります。例えば注射の処置を一緒に怖がることは一番やってはいけない行動です。

おやつに喜ぶ犬

次に、動物病院に行くことが楽しいこと、動物病院に行くと良いことがあるとペットに教えることです。大好きなおやつが一番使いやすくてオススメです。おやつを与える時は、一口でなくなってしまう位のサイズでなるべく小さくして与えましょう。小型犬だと、米粒から小豆大くらいのサイズがよいです。持参したおやつは飼い主さんが与えることはもちろん、動物病院のスタッフからももらえると更によいです。動物病院で勝手に飲食をしてもいいの?と思われる場合、「今トレーニング中なのでおやつを与えてもいいですか?」と一言伝えるとよいと思います。

動物病院の獣医師さん、看護師さんも、来院するワンちゃん、ネコちゃんにとって大好きな場所の一つであってほしいと思っているはずです。もし、病院嫌いで困っている飼い主さんは、そのことを掛かりつけの獣医師さんに相談してみてもよいと思います。

- 犬とのお出かけ - 犬のストレス - 犬の問題行動 - 犬の病気と予防 - 犬の社会性 - - 猫のストレス - 猫の問題行動 - 猫の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!