閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

冬に気をつけたい犬・猫の疾患

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

冬は体調気温が急激に下がることで体の不調を感じやすくなる季節です。私たち人間がそうであるように、犬や猫にも冬になると特に多くなる疾患があります。今回は冬の季節に気をつけたい犬と猫の疾患についてお話しします。

冬に多い疾患について

仲良しの犬猫

冬(12月~2月)の時期は、犬は筋骨格系、猫は泌尿器系での通院が多いと言われています。犬は特に関節炎での通院が多く、猫は膀胱炎や腎・膀胱結石などの泌尿器系の疾患は通年して通院の理由の上位にありますが、冬は寒さで水を飲む機会が少なくなるため、特に通院が増えると言われています。

犬の筋骨格系の疾患について

冬は気温の低下や気圧の変化などで、ペットの体が冷えて血行が悪くなることで痛みを感じやすくなります。そのため、寒くなると散歩を嫌がる、立ち上がりが辛そう、歩いた時に足を痛がるなどの様子がみらるようになると考えられます。

冬は風通りのよい場所や温度の低い冷所に長時間いることを避け、散歩などの運動をする際も急に激しく動くことのないように気をつけ、散歩に出かける前にマッサージやストレッチをして筋肉をほぐしてあたためてあげるとよいです。

猫の泌尿器系の疾患について

冬の寒さで水を飲む量が減ると尿の量も減ります。また、トイレの設置場所が普段生活する場所より寒いところにあると、トイレに行きたがらずに、結果としてトイレの回数が減ることがあります。排尿の量や回数が減ることで、細菌の感染や結石が起きやすくなると考えられます。

常に新鮮な水を飲める環境を作りましょう。フードをぬるま湯でふやかしたり、ウェットフードに切り替えるなど、食事からも水分補給ができるとさらによいです。また、トイレは普段の生活環境とあまり温度差がないところにして、冬場でもトイレが行きやすい環境を作ってあげましょう。

一年を通じて予防も大切です

家と犬と猫

ここで取り上げた疾患は冬に多いと言われるもので、冬以外であれば安心というわけではありません。そのため、予防の一環として、グルコサミンなどの関節の動きをサポートするサプリメントや下部尿路に配慮された水などの健康補助食品を、獣医師さんと相談の上、与えはじめることも検討してみるとよいと思います。一年を通して健康で楽しい毎日を、ペットと飼い主さんがともに過ごせることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

- 犬のデイリーケア - 犬の病気と予防 - - 猫のデイリーケア - 猫の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!