閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

外出時のトラブル予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛犬を連れてお出かけする時に、まずなによりも「安全の確保」と「ルールとマナーを守る」ということが大切だと思います。日常の環境とまったく違う、なじみのないの所に行く訳ですから、通常よりも一層、様々なシーンに出会うことになるでしょう。

思いもしない行動をすることがあります

ゴールデンレトリーバー

楽しいことや好奇心がうずうずすること、ドキドキすることびっくりすることも、普段よりたくさんありますから、犬たちは飼い主さんが思ってもいない行動をするかもしれません。

急に車の前に飛び出したり、窓からジャンプしたり、いつもなら待てができるのに走り出したり、あるいは、長時間の移動で体調がおもわしくないこともあるでしょう。

そういう意味で、愛犬の「安全を確保する」ということをしっかりと意識しなくてはならないのです。どうすればいいのか具体的に考えてみましょう。

飼い主さんに意識してほしいこと

トイプードル

交通手段として車を利用することが多いと思いますので、以下の事を意識しましょう。

余裕のあるスケジュールを組みましょう

飼い主さんの都合ではなく、犬目線でスケジュールを考えてあげてください。

出発前にトイレをすませ、まめに水分補給、休憩をとりましょう

車に長時間乗ると、いつもより緊張、興奮しているので、トイレがちかくなっている可能性もあります。また、車の中は乾燥しているので、まめに水分補給を。1〜2時間毎に休憩を取り、外の空気にふれて、トイレをさせてあげて。

窓から顔をださせないようにしましょう

ちょっとした刺激やものに反応して窓から飛び出す可能性があります。またパワーウインドウに足をはさまれたりすることもあり、危険が多いです。車酔いなどで窓を開ける場合は抱っこをしてあげましょう。

リードでつないだり、ノーリードで運転席に乗せたりはしない

クレートで安全確保します。急ブレーキをかけたりすると、リードで首をつったりしかねません。また、犬の突然の行動で、運転をあやまり、事故に繋がることも。クレーとにいれてシートベルトで固定しておくと、万が一の事故やドアを開けた時の飛び出しの予防にもなります。

車内に犬だけで残さない

締め切った車内は思っている以上に温度があがり、熱中症をひきおこします。すこしの間だから、、と油断をすると大きな事故になりかねません。外から窓をたたいたり、ちょっかいを出す人もいたりするので無駄吠えやストレスの原因にもなります。

飛び出さないように注意

休憩所、観光名所などいは人が多く、車の出入りも激しいので危険です。人に飛びついたり、道に飛び出さないように、リードを短く持ち、飼い主のそばを離れないように。また、小型犬だと安全な所までだっこして移動した方がいいことも。

外で単独で待たせない

ちょっとの間だから大丈夫と思いがちですが、人から食べ物を与えられてしまったり、人が多いので連れ去られてしまうことも考えられます。普段と違うので興奮して、子供や他の犬に噛み付いて事故を引き起こすこともあるので、必ず誰かが一緒にいるようにしましょう。

拾い食いに注意

人が沢山集まる所には、ごみ、たべかす、などがいっぱいおちていますね。犬にとっては興味をそそられ、くんくんとチェックします。串に刺さった食べ物やタバコの吸い殻等が多くおちているので、十分な注意が必要となります。

外出は「危険」がいっぱいです

犬と散歩

車の移動だと、他の交通手段をつかうときよりも、周囲には迷惑がかかりにくいかもしれませんが、「危険」はいっぱいです。なによりも、愛犬も飼い主さんも、事故無く、怪我無く、安全に外出することが一番ですね。

飼い主さんが思っている以上に、犬たちにとって「環境が変わる」ということは、そうとうなストレスがかかっているのです。日頃はできていることが、できなかったりすることもありますので、変化になれるまでゆっくりとした気持ちをもって向かい合ってあげてください。

外出先でのいたずらや、粗相などをしてしまっても、叱ったらり怒ったりしてもあまり効果はないでしょう。こんな時は特に、愛犬のカーミングシグナルをしっかりとみきわめて、愛犬の気持ちになってあげて欲しいです。そして、コミュニケーションをふかめて、ますます信頼関係を築くことができる、いいチャンスだと思っていただきたいですね。

普段の生活環境から離れた場所に行くことは、社会経験としてとても大切なことです。また、飼い主さんにとっても、愛犬との距離をますます縮め、いい関係を築くのにいい機会となります。中には変化をなかなか受け入れられなくて時間がかかってしまう子もいるでしょう。日頃から、愛犬の性格を理解してあげていることも飼い主さんの大切な役割でしょう。

安全に注意して「危険」を予防することは、飼い主さんと愛犬が笑顔一杯の楽しい外出になるのに不可欠ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

- 犬とのお出かけ - 犬のストレス - 犬の問題行動 - 犬の社会性の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!