閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

家の中にある危険な場所について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普段の生活の拠点となる家の中には、私たちが何でもないことでも愛犬、愛猫にとっては危険となり、思いがけない事故やケガにつながることがあります。今回は家の中で特に気をつけたい場所、誤って口にすると危険な食べ物についてお伝えします。

危険な場所

コンセント

かじったり、つまずいたりすることで感電するおそれがあります。また、アイロンや冬場のストーブなどでやけどの危険もあります。行動範囲にある電化製品はできるかぎり元電源を切り、万が一に備えておきましょう。

いたずらする犬

ゴミ箱

ゴミ箱の中のものを口にして事故になることがあります。中の見えないフタつきのゴミ箱を設置するようにしましょう。また、室内にビニールやひもなどが落ちていると、絡まってケガをすることや、誤飲の原因になることがありますので、置きっぱなしにせず、片づけておきましょう。

インテリア

ガラスや陶器のように落下すると割れてしまうものは、破片でケガをするおそれがあり、観葉植物をあやまって口にすると中毒を引き起こすことがあります。これらのインテリアは行動範囲に置かないようにしましょう。

草を見る猫

ランドリー

洗濯機にあやまって入ってしまったり、洗剤や漂白剤を誤飲すると危険です。洗濯機のある場所には立ち入らないようにしましょう。また、防虫剤や殺虫剤、灯油などにも触れないよう注意してください。

危険な食べ物

生のイカ・タコ・エビ

消化不良や嘔吐を起こし、ビタミンB1の欠乏によって運動失調になることがあります。

ネギ、玉ねぎ

嘔吐や下痢を起こし、重度の場合、貧血や血尿になることがあります。

チョコレート

嘔吐、下痢、痙攣など中毒になることがあります。

その他にも、緑茶、アルコール類、調味料、香辛料にも注意してください。

くつろぐ猫

あやまって触れたり、口にしなよう、ご紹介したものは常に愛犬や愛猫に見えないところに片づけておくこと、立ち入れないようにすることを意識してください。また、食べ物は、私たち人間が普通に食べられるものでも、犬や猫にとっては塩分量が非常に多く、身体に負担をかけてしまうことがあるので、与えないよう特に注意してください。

仔犬の飼い方 - 仔猫の飼い方 - - 犬の問題行動 - - 猫の問題行動 - 老犬との暮らし - 老猫との暮らしの関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!