閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

体にできた「しこり」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医療の発達などにより、長生きなペットが増えました。ペットの長生き(高齢化)に伴い、人間と同じような成人病や癌(がん)を患い、治療をしているペットも増えているように感じます。実際にしこりが出来たり、体調不良で検査をしてみたら腫瘍が見つかったという例も少なくありません。今回はペットの皮膚にしこりが見つかった時の対応についてお話しします。

「しこり」を見つけるきっかけ

ふてくされている猫

飼い主さんがしこりを見つける場合、皮膚(体表面)にできたものが多いと思います。高齢になると1つや2つのしこりがある子は少なくありません。自宅で身体を撫でている時、ブラッシングやトリミングをしている時など、また、発見するのは飼い主さんではなく、トリマーさんや獣医さんが気づくケースも珍しくありません。

「しこり」は必ずしも癌とは言えません

癌と言われると、手術、抗がん剤、放射線治療などの辛い治療、そして、死を連想すると思います。そのため、愛犬・愛猫にしこりができると癌を心配する飼い主さんも少なからずいらっしゃると思います。

癌とは、周囲を壊しながら広がったり(浸潤)、離れたところに飛び移ったり(転移)する悪性の腫瘍です。1箇所で大きくなるだけの良性の腫瘍もあり、しこりができただけでは、それが腫瘍であるか、また悪性か良性であるかも判断できませんので、まずは動物病院で受診されることをおすすめします。

動物病院での腫瘍の検査

診察を受ける犬

動物病院で、しこりが腫瘍かを判断する時、しこりそのものを切除して病理組織検査を行うか、切除が難しい場合、細胞の一部を針などで取り出して細胞診断を行います。細胞診断は注射と同じ要領なので、麻酔の必要はなく、細胞採取には1分もかからない比較的簡単な検査です。ただし、100%の診断が出るわけではないので、「(病名)の疑い」といった具合にしこりが何かを予想するものになります。病理組織検査はしこりを切除するため、全身麻酔による外科手術が必要になります。そのため、細胞診断をしてから切除を検討することが多いかと思います。

できたしこりは腫瘍ではないこともあるので、慌てることはありませんが取らないとなくなりません。細胞診断で結果が分かったとしても、しこりの切除(外科手術)を行うかは飼い主さんの判断が必要になります。

悪性の腫瘍だった場合

検査の結果、悪性の腫瘍だった場合、腫瘍の切除(外科手術)を行い、切除後も治療が必要になります。経過観察としての定期的な検査だけの時もあれば、抗がん剤など薬の投与が必要な時もあります。治療方針や予後は、切除した腫瘍の病理組織検査の結果が重要になります。

さまざまな薬

今回は皮膚にできたしこりについてお話しさせて頂きましたが、腫瘍は身体のどこにでもできる可能性があります。外からは見えない部分(脳や内臓など)にできる腫瘍もあります。触って見つけることは難しいですが、体調の変化に気づいてあげること、定期的な健康診断を受診することで発見できることもあります。

- 犬のデイリーケア - 犬の病気と予防 - - 猫のデイリーケア - 猫の病気と予防 - 老犬との暮らし - 老猫との暮らしの関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!