閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペットにも大切なデンタルケアについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛犬、愛猫のデンタルケアを怠っていませんか?デンタルケアで口内を清潔に保つことは口臭・歯周病の予防、さらに歯周病が原因となる重い病気の予防にもつながります。今回は、病気の予防にも有効なデンタルケアについて、お手入れの方法、おうちでできる口腔内のチェックなどについてお話しします。

病気などの予防にデンタルケアは大切です

ワンちゃん、ネコちゃんの口内はアルカリ性で虫歯菌が繁殖しにくい反面、歯石ができやすい特徴があるため、3歳以上の8割が歯周病をもっていると言われています。歯周病は歯垢や歯石に潜む細菌によって発症し、腎臓の疾患を引き起こしたり、持病に悪影響を及ぼしたりすることもあるので注意しましょう。

デンタルケアは大きく分けて3種類

デンタルケアは「ブラッシング」、「ガム」、「液体歯みがき」の3つに分けることができます。その中で最も効果が期待できるのは、飼い主さんが直接口内を見て歯をみがく「ブラッシング」です。

ただ、ワンちゃん、ネコちゃんは口内に異物を入れることをとても嫌がる性質がありますので、徐々に慣れさせていくことが大切です。次の手順を参考に段階を踏んで根気よく続けていきましょう!!

ブラッシングの方法

  1. 異物を入れることに慣れさせる
    鼻と口を触る、唇をめくる→指で歯に触れられるようになるまで順番に慣れさせます。触らせてくれたらおやつなどのご褒美を与え、触らせると良いことがあると思わせることも大切です。 はみがきはじめ
  2. 歯ブラシを使う
    指で歯に触ることができたら、歯ブラシで口の周りに触れてみます。それに慣れてきたら徐々に歯ブラシで歯に触れてみましょう。ここまでできるようになれば歯ブラシの使用はOKです! 歯ブラシを使う
  3. 歯ブラシでみがく
    歯周ポケットに溜まる歯垢を取り除くことが重要になりますので、歯と歯茎の間を上下に動かして1本ずつみがいてください。前歯から奥歯に移動していきます。表側が終わったら歯の裏側も同じ手順でみがきます。歯みがきができるようになったら、口臭・抗菌作用に効果のある歯みがきペーストをつけてもOKです。 歯ブラシでよく磨く

ブラッシングは、ワンちゃんだと3日に1回、ネコちゃんだと7日に1回を目安に行うことで歯石をつきにくくする効果があります。また、歯ブラシは2ヶ月に1回を目安に交換しましょう。もし、ブラッシングが難しい場合は、歯みがき作用のあるガムもおすすめです。

ガムで正しくデンタルケア

どうしてもブラッシングできない場合、噛むことで歯をみがけるガムが効果的です。ただし、ガムをただ与えるだけでは効果はあまり見込めません…。次の使い方のポイントを押さえて、大切なペットの歯の健康を守りましょう!

ガムを与える時期

乳歯が生え揃う2~3ヶ月くらいから。

ガムを与える目安

1日1本(与える時間帯に決まりはありません。)

ガムの与え方

正面から与えると丸飲みしてしまう可能性があるので必ず口の横側から与えてください。

その他の注意事項

布製のロープ、ひづめ、プラスチック製のものは、放置すると雑菌の繁殖を起こしやすく、硬い素材で歯のエナメルを傷つける場合があるのでおすすめできません。

歯の病気かも?おうちでチェック!

ワンちゃん、ネコちゃんにこんな様子はありませんか?大きな病気につながる歯のトラブルを見過ごさないようチェックしてみてください!

  • 食事の様子
    柔らかいものしか食べない、食欲はあるのに食べようとしない、ものが食べづらそう、食べながら頭を振る
  • 普段の様子
    口臭がひどい、よだれを垂らす、前足で口をかく、口を触られるのを嫌がる

一つでも当てはまることがあれば、何か問題を抱えている可能性がありますので、最寄の獣医師さんに相談してみてください。また、今回ご紹介した内容をご覧いただき、デンタルケアの大切さを実感し、見直して頂ける機会となれば幸いです。

- 犬のデイリーケア - 犬の病気と予防 - - 猫のデイリーケア - 猫の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!