閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペットの血液検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィラリア予防薬の投薬前の検査など、血液検査を受ける犬や猫は多いと思います。血液検査は言葉で症状を伝えられないペットが体調を崩したとき、その状態を把握するために検査をすることは必要になってきます。

血液検査で分かること

試験管

血液検査には大きく分けるとと2つ。

赤血球、白血球、血小板など血液そのものの形や量を調べる「血液一般検査」と、血液中に含まれる物質(たんぱく質、糖質、酵素など)の成分を調べる「生化学的検査」があります。その他にもたくさんの検査項目があります。

それぞれ、項目が詳細に分かれていますので、病状に合わせて、項目を獣医師が選択して検査をします。肝疾患・腎疾患・内分泌疾患・貧血・感染症など、さまざまな病気がわかります。

血液検査について

心配そうな犬

検査の方法

採血は人と同じく、静脈から前足、後ろ足、頸部のどれかから行います。どの血管から採血するかは、ペットの体の大きさ、性格、採血量などで変わってきますので、担当医にお任せするのが良いでしょう。

なるべく嫌がらないように採血しようと努力していますが、中には暴れてしまう子や怖がってパニックを起こしてしまう子もいますが、注射針が血管に入れば、採血は短時間なので、頑張ってもらいます。

血液検査は院内で行う場合と検査センターで行う場合があります。病院設備や検査項目によって変わってきますが、院内検査の場合は当日、検査センターの場合は数日~数週間で結果が出ます。

検査の結果

具合が悪い時はもちろんですが、定期的な血液検査をするのが健康管理に必要だと考えています。検査結果は正常値(基準値)と比較して診断してきますが、人でも常に貧血傾向のある方など、個々によって、血液検査データは異なります。

健康時の数値を把握しておくことは、体調不良時や高齢になったときに比べられるので重要です。若く健康な時期 に頻回の検査は必要ないかもしれませんが、採血のタイミングがあるときは一緒にスクリーニング検査を受けると良いでしょう。

検査のタイミング

血液検査を受けるタイミングは、不妊手術の術前検査、毎年のフィラリア検査の時に一緒にされることをおすすめしています。中高齢期を過ぎたら病気のリスクが高まりますので、半年から1年に1回の定期検査をすると病気の早期発見につながります。

また、検査結果が食事の影響を受けることがありますので、8~12時間の絶食(お水は飲ませて問題ありません)をして受けることをお勧めます。朝食を抜いて、午前中に来院すると良いと思います。

血液検査は万能ではありません

いろんな犬種

血液検査をすれば全ての病気がわかるというものではありません。血液検査で全て正常値イコール健康というわけではないので注意しなければありません。

なんだか体調が悪い、でも、検査では異常は出てこなかったというのは治療現場ではよくあることです。検査はあくまでも診断する上の一つの材料と捉えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

- 犬の病気と予防 - - 猫の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!