閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペットの迷子について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行楽シーズンなどペットとお出かけする飼い主さんも多いと思います。今回はお出かけで起こるアクシデントとしても多いペットの迷子(迷子犬や迷子猫)についてお話しします。迷子はいつ、誰の身に起きてもおかしくないことですので、十分に気を付けましょう。

ペットが迷子になってしまったら

最寄の関係各所に連絡する

飼い主さん自身や、その家族たちでできることは限られてきます。すでに保護されていることもありますので、まずは最寄の関係各所(保健所・動物愛護センター・警察署・動物病院など)に迷子になったことを知らせましょう。

ポスター・チラシを作る

ポスター・チラシは、見つけやすい写真や特長が掲載されいていると発見される可能性も高くなります。どういった風に掲載するとよいかは、動物病院やペットショップなど普段から貼られているポスターに目を通しておくことをオススメします。また、ポスターに掲載する写真は出来る限り近況のものがよいので、写真がない場合は撮影しておきましょう。

近所を探す

普段、散歩で利用している付近や迷子になった付近を中心に探しましょう。また、インターネットの掲示板を検索してみたり、SNSなどで協力を求めることもできますが、個人を特定されて本来の目的とは違うことに利用されないよう、迷子に関する必要な情報のみ掲載するようにしましょう。

迷子のペットを保護したら

迷子札、鑑札、注射済票がついているかを確認し、最寄の関係各所(保健所・動物愛護センター・警察署・動物病院など)にペットを保護したことを知らせましょう。迷子札がある場合、札に書かれている飼い主さんの連絡先へ直接連絡してもよいと思います。また、マイクロチップが入っていることもあるので、動物保護センターや動物病院で確認してもらうこともできます。

扉から覗く犬

その他、インターネットやSNS、ポスター・チラシなどで保護した情報を拡散してもよいと思いますが、飼い主さんと早く引き合わせてあげるには関係各所へ預けた方がより効率的だと考えています。

迷子になった時のための対策

迷子札、マイクロチップを装着しましょう。札は取れてしまうこともあるので、体内に埋め込むマイクロチップが良いですが、抵抗がある場合は、獣医師とよく相談して決めてください。また、望まない命を増やさない為の不妊去勢手術、感染症予防のためのワクチンの接種も飼い主さんの責任で判断してください。

仲の良い子供と犬

初めて訪れる場所でも、散歩で通る慣れた場所でも、ほんの一瞬のことで行動が一変することはよくあります。過信せず、愛犬の命を守れるのは飼い主さん自身だけということを常に意識して過ごしましょう。

- 犬とのお出かけ - 犬の問題行動 - 犬の病気と予防 - 犬の社会性 - - 猫の問題行動 - 猫の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!