閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

室内飼いペットのための寒さ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一般に犬や猫は寒さに強い動物ではありませんので、冬の寒さ対策は必要です。しかし、ストーブを設置すると前を陣取って動かなくなったり、コタツやホットカーペットのコードを噛んでしまったりするなどの問題行動を起こして困ったことはありませんか?今回は、室内飼いのペットが安全に過ごせる暖房器具の使い方や、エコな保温方法についてアドバイスします。

犬猫は寒さをどう感じる?

犬は人よりも低い位置で生活しているため、フローリング床の底冷えなど下から来る寒さを敏感に感じ取ります。また、小型犬や寒さから体を守るアンダーコートの少ない犬種( プードルなど) は更に寒さに弱いと言われています。

ストーブの前でリラックスする猫

猫は人よりも1~2 度ほど高い38 度の平熱があり、気温の変化にとても敏感な動物です。体温調整も苦手なため、冬は暖かい場所を探して動き回ります。このような特長以外にも、室内飼いすることで室温に慣れてしまい寒さに弱くなることもありますので、愛犬・愛猫のために冬の寒さ対策をしっかり行いましょう。

暖房器具ごとの対策

どの暖房器具を使用する場合でも、加湿器を使う、部屋の空気を入れ替えるなどして、部屋の空気を乾燥させないよう気を付けてください。また、それぞれ使用する器具の特長に合わせた対策もあります。

こたつでリラックスする猫

エアコンを使う場合

天井付近に暖かい空気がたまりやすいので、サーキュレーターなどで空気を循環させて部屋全体を暖めてください。

ホットカーペットや床暖房を使う場合

同じ場所にいると低温ヤケドの危険がありますので、スノコやソファーなど温度差のある場所を作り、いつでも避難できるようにしてください。電源コードにいたずらする場合、コードカバーやコードを束ねるバンドなど専用の収納器具を使って、コードを隠すようにしましょう。

ストーブを使う場合

近づきすぎると、被毛が燃えたり、ヤケドや乾燥の原因になったりすることがあります。ストーブガードを使って一定の距離を保つようにしてください。

エコで安全な保温対策

留守番の時にエアコンやホットカーペットなどの電化製品をつけたままにするとコードにいたずらなどをしないかが心配な飼い主様には、湯たんぽやペット用の毛布・ブランケットがオススメです。

湯たんぽセット

湯たんぽはタオルや布に包んでベッドなどに設置し、室内でも寒いと感じた時に避難できる暖かい居場所を作ってあげてください。また、サークル・ケージなどの寝床には、壁面にフリースや毛布を掛けたり、床面にマットや段ボールを敷いたりすることで、冷たいすき間風が入ることを防ぐ防寒対策になります。

仔犬の飼い方 - 仔猫の飼い方 - - 犬の問題行動 - - 猫の問題行動 - 老犬との暮らし - 老猫との暮らしの関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!