閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペットの歯周病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

犬や猫の歯は飼い主さんが気になる一つだと思います。歯が汚れている、歯石が溜まっている、歯がグラグラしている、歯が抜けてしまった、口が臭いなど。歯や口のトラブルと聞くと、まず虫歯を思い浮かべる方が多いですが、虫歯は少なく、ほとんどの場合、『歯周病』が問題となります。

口内の状況を把握しましょう

舌なめずりする猫

3歳以上の犬や猫で8割以上が歯周病になっていると言われています。口のトラブルは悩みのひとつです。

まずは、ペットの口の状況を把握してください。本来、歯は白く、つやがあり、歯茎はピンク色(色素の影響で黒い子もいます)で硬く引き締まって、口臭はありません。

歯が黄色~茶色になっていたりする場合は、歯垢、歯石が付着し、歯茎に赤みがある場合は、歯肉炎・歯周炎(歯周病)が疑われます。

普段なかなか口の中を見る習慣がない場合は、気づかない場合に歯周病が進行していて、歯が抜けてるか、治療で抜くしかない状況になってる場合が多いです。気になる場合は、獣医師に歯周病の評価をして貰ってください。

歯周病の予防

ポメラニアン

歯周病の最大の原因は歯垢と歯石です。歯垢は唾液中の成分とバクテリアとで成り立っています。歯周病の予防には歯磨きが必須であり、飼い主さんによる歯磨きを習慣づけることが大切です。

歯垢中に存在するバクテリアは歯肉を刺激し歯周病や歯肉炎の原因となります。放置しておくと、歯垢は石灰化して歯石を作ります。3日で歯垢から歯石に変わると言われています。歯垢は歯磨きで落とせますが、歯石は落とすことができません。

歯垢を溜めないために、理想的には毎日毎食後の歯磨きが必要になります。最近では水に混ぜるだけのデンタルリンス、垂らすだけのジェル、舐めさせるだけのペースト、噛ませるだけのガムなど、たくさんのデンタルグッズが出ていますので上手に使ってください。

ただ、歯垢は水垢汚れと同じです。お風呂場やキッチンの水垢汚れもスポンジやたわしで擦らないと汚れが落ちないのと一緒で洗浄剤をかけるだけでは汚れは落ちないため、基本的には擦り洗い(歯磨き)が必要です。

ペットの歯磨きは素直にやらせてくれないですが、最終目標は、私たちが毎日している歯磨きと同じです。歯垢を除去して、歯石の沈着を防ぐこと。そして、歯ブラシや歯磨き粉のCMなどで「歯周ポケットケアが大切!」というフレーズを聞いたことがあると思いますが、歯と歯茎の隙間の汚れをブラシで掻き出すことが必須です。

デンタルクロスなどの布類で拭いているだけでは歯周ポケットケアは出来ていません。歯ブラシを使ってのホームケアをしてください。3日で歯石になりますので、どんなにサボっても、週2回は歯磨きをしてあげてください。

歯周病の治療

歯周病は軽度であれば正しい治療で正常な状態に戻すことができます。

歯周病の治療は、全身麻酔による歯石除去と抗生物質の投薬が一般的です。最近では無麻酔歯石取りが多くやられるようになってきました。全身麻酔をかけて行うものと、無麻酔で行うものと、同じものだと思ってらっしゃる方もいるようですが、まったく意味が異なります。

歯周病の治療・予防で必要なのは、見えている歯垢・歯石はもちろん歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の中の汚れまで取り除くことで、無麻酔では普通はできません。無麻酔で行う場合は見える範囲の歯石を取っているだけなので、歯石取りをしていたのに歯がぐらついてきたり、知らず知らずのうちに歯周病が進んでいたなどのケースになる場合もあります。

シニア期に多い歯周病

高齢猫

歯周病はシニア期の高齢犬、高齢猫に多い病気です。高齢になると全身麻酔のリスクもありますので、歯周病予防のために10歳を迎える前に予防的な歯石除去を検討してみてください。

ただし、せっかくきれいにしても、ケアしなければ半年ぐらいで元通りになってしまうので、事前に歯磨き習慣をつけておくことが大切です。

歯の健康を守るのは家族の大切な役目です。この機会にまずは口の中の確認をしてみてください。

- 犬のデイリーケア - 犬の病気と予防 - - 猫のデイリーケア - 猫の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!