閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペット用おもちゃの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペット用のおもちゃは、子犬や子猫の頃は必須アイテムでもあり、可愛いもの、知育用、デンタル効果などバリエーションも様々です。ただし、飼い主さんの愛犬・愛猫がどんなおもちゃを好むのかはわかりません。今回はペット用のおもちゃを選ぶポイントをお伝えします。

専用のおもちゃで遊ばせる

ボールで遊ぶ犬

不要になったタオル、Tシャツ、靴下などを簡単に丸めて遊ばせる飼い主さんもいらっしゃいますが、犬や猫に、ここでの不要という概念はありません。遊んでいるうちにほどけて原型があらわになってしまうと、そのうち履いている靴下を脱がそうとしたり、落ちているタオルを拾ったりしてしまうことがあります。家の中なら大丈夫かもしれませんが、外出中、散歩中などはこれらの行動で周りの人に迷惑を掛けてしまうことも十分に考えられます。噛んだら困るものはおもちゃとして遊ばせない、これはとても大切なことです。

おもちゃは、犬用、猫用などペット専用のものを選ぶようにしましょう。また、不要なタオルなどを使う場合は、断裁してぬいぐるみの材料に使ったり、編み込んでロープにしたりなど、原型をとどめない形のおもちゃに作り直して遊ばせるようにしましょう。

遊ぶ目的でおもちゃを使い分ける

ぬいぐるみで遊ぶ猫

「飼い主さんと一緒に遊ぶもの」と「単独でも遊べるもの」の2種類を使い分けるようにしましょう。

飼い主さんと一緒に遊べるおもちゃは「ボール」や「じゃらし」、単独で遊ぶおもちゃは「ぬいぐるみ」が人気です。中や外に鈴が付いていたり、へこむと空気で音がでるものや、不規則に動くものは特に人気があります。また、おもちゃを破壊して楽しんでしまうこともあるので、一緒に遊ぶおもちゃは留守中など勝手に取り出して遊べるような場所には置かないようにし、単独で遊べるおもちゃはゴム製など簡単には壊れないものを選ぶとよいと思います。

お気に入りのおもちゃを見つける

ロープで遊ぶ犬

同じおもちゃをずっと使い続けていると新鮮味にかけるので、いくつかのおもちゃをローテンションしながら遊ばせるとよいでしょう。いろいろな種類のおもちゃで遊ばせることにより、一番興味を持っている(興奮度合が違う)など、愛犬、愛猫のお気に入りのおもちゃが見つかるようになります。また、お気に入りのおもちゃが売切れなどで入手できなくなることもありますので、普段から一つのおもちゃにこだわらないで、似たタイプのものを交互に遊ばせるようにしましょう。

子犬、子猫は一つ一つの行動がとても可愛くて愛おしいものです。可愛いが故に、ついついおもちゃを何でも購入してしまうかと思いますが、私はそれが悪いことではないと思います。ただ、買い与えて終わりではなく、そのおもちゃで遊ぶ行動をよく観察すると、おのずと好きなタイプのおもちゃがわかるようになってきます。お気に入りのおもちゃを早く見つけられるよう、一緒に遊んだり、単独で遊ぶ姿をよく観察してみてください。

仔犬の飼い方 - 仔猫の飼い方 - - 犬のストレス - 犬の問題行動 - - 猫のストレス - 猫の問題行動の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!