閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

「散歩」と「睡眠」の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

健康で長生きしてもらうには「散歩」と「睡眠」にも関係があると思います。いつまでも元気で暮らせるためのアドバイスを散歩と睡眠に分けてご紹介します。

「散歩」

犬と散歩オーナーさんとのコミュニケーションの時間。

ゆったりと心に余裕をもって出かけましょう。時間がないからとせかしたり、イライラしている時の散歩は愛犬にもよくありません。散歩は、ニオイをかいだり、排泄することも重要なこと。エクササイズとし、それらをさせないのも、これまたイヌとして寂しいところ。

年齢が若い場合は、エネルギーが活発です。

1日1回の散歩を2回にわける。それだけで室内での行動は変わってきます。散歩で五感を使い、エネルギーを発散するからです。義務で散歩にいくとか、疲れさせるためのものではなく、双方が楽しむ気持ちをもつこと。四季の景色、ニオイ、音を楽しみながら歩きましょう。

「睡眠」

犬と睡眠

寝る子は育つ。はイヌにも同じです。

イヌはいつも寝ているように見えます。からだは寝ていますが、脳は動いているレム睡眠状態です。

  • わずかな音で起きる、耳や目が動く。
  • 音がするところまで確認をしにいく。

私たちが思っているほど寝てはいないのです。

自営業や、専業主婦、お子さんがいる家庭や多頭飼いの家庭等、いつも誰かがいる状態は、常にアンテナをはりめぐらせ、十分に休めていないこともあります。家族環境、ライフスタイルに合わせて、故意的にでも眠れる時間、場所を確保してあげましょう。特に、パピー時の睡眠時間は脳の発達とも関係する。ともいわれています。

夏は涼しいところを。冬は日当たりがよいところを。イヌが自分で体温調整できるような場所も配慮しましょう。

散歩、睡眠、そして食事は、日々のからだをつくるもと。質のよい散歩と、質のよい睡眠で、心とからだのバランス、健康を保ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

- 犬とのお出かけ - 犬のストレス - 犬のデイリーケアの関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!