閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

食物アレルギーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

かゆい、皮膚が赤い、足先を舐めてるなどの症状が出ると、「アレルギーかも?」と心配される飼い主さんも多いと思います。実際アレルギーを持つペットは多いですが、アレルギーではないケースもあります。今回はペット(犬猫)とアレルギーについてのお話です。

アレルギーとは

洋服を着た犬

免疫反応の一つで、体の中に存在する「自分のもの」と「自分のものでないもの」を区別して、自分の命を脅かす恐れがある異物、細菌、ウイルスなどを排除する働きをします。免疫反応では自分の体をウィルスなどから守るため、「抗体」という武器のようなものを作ります。

花粉症のように、体にとって大して問題にならないものに対しても免疫反応は起こり、炎症、痒みが起こることをアレルギーと言います。

ペットのアレルギーと聞くと、最初に皮膚の病気を連想する方も多いと思いますが、鼻炎や下痢などさまざまな症状を起こします。

アレルギーの原因となるものをアレルゲンと言い、ノミ、ダニ、花粉、食べ物などさまざまなものがあります。食物アレルギーは食べ物が原因でおこるアレルギーのことですが、純粋に食物が原因のアレルギーは決して多いわけではありません。

食物アレルギーの原因

食物アレルギーの原因は、食べ物に含まれるタンパク質が主な原因です。ただ、どのタンパク質が原因なのかはペットによって個々に異なります。血液検査によって、抗体などを調べることでアレルギーの原因をある程度特定することが可能です。

アレルギーの対処方法の基本は身のまわりからアレルゲンを避けることです。たとえば、食物アレルギーであれば、アレルゲンとなっている物質を含まない食事を与えるのが一番の対処方法となります。

アレルギーは複数の原因がかさなって起こっている場合もあるため、ハウスダストや植物など環境中の原因を取り除くことは困難ですが、食事を変更することで症状がよくなる場合も多くあります。

食物アレルギーの対策

食物アレルギー用の療法食を使う

アレルギー症状がある場合、現在与えている食事内容、原材料、特にタンパク質(フードのパッケージに表示されています)をチェックし、全く異なる材料の食事に変更してみるだけで変化が見られることもあります。

皮膚に症状の出るタイプの場合、皮膚コンディションを整える効果の期待できるオメガ3/オメガ6不飽和脂肪酸が豊富に含まれる魚系のフードに切り替えてみることをよくオススメしています。

また、免疫システムが反応しにくく、すぐに分解され、小さい分子量になる消化性のよいタンパク質、具体的には加水分解されたタンパク質を使用したフードもあります。

食物アレルギーの治療

治療としては、色々ありますが、一般的には免疫反応を抑えるために、ステロイドなどの投薬、湿疹などの感染が疑われる症状がある場合は抗生物質の投薬などを行います。アレルゲンに反応して、アレルギー症状が出ている場合はお薬で抑えることができても、また再発してきますので、先に述べたようにアレルゲン物質の除去が必要です。 食事に気を遣い、こまめな掃除・洗濯、状況によっては空気清浄機を使うなどの環境整備が必要です。簡単なことではありませんが、アレルギー体質のあるペットをお飼いの方々には、アレルギーが何かを理解していただき、健康管理に役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

- 犬の病気と予防 - 犬の食事 - - 猫の病気と予防 - 猫の食事の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!