閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ペットと家族の暮らしをサポートするぺこわ

ペットとの暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペットの歯石除去について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワンちゃんの歯みがきなど口内ケアを定期的に行っていますか?犬は虫歯になりにくい動物だから大丈夫と思われている飼い主さんは要注意、口内ケアを怠ると歯石がついて病気などの問題が発生するきっかけになる可能性があります。

歯石について

人間と同じように、犬も歯みがきなど口内ケアを怠ると、溜まった歯垢が歯石に変わります。歯石が多いワンちゃんは口臭が気になります。なめられたあとの臭いを嗅いで生臭い時は、歯に歯石がついていないか確認してみましょう。

歯石があると、口臭が気になるだけでなく、口内環境が悪化し、歯ぐきの炎症など歯周病の原因となります。そのままにしていると最終的に歯が抜けてしまうことがあります。また、口内の病気だけではなく、悪い細菌が体内に侵入して、心臓、肝臓、腎臓の病気を引き起こすこともあります。さまざまな病気の原因になる歯石について、その対策をお伝えします。

歯石の除去

歯石を除去する犬

歯石の除去は、動物病院やトリミング・サロンなどの専門店で行うことができます。ただし、対応していないところもあるので、受付時間や費用などを含め、最寄の病院やお店に問い合わせてください。必要な用具があれば飼い主さんが直接除去することもできますが、初めての方や、やり方が分からない場合は病院やお店で除去することをお勧めします。

歯石の除去は、動物病院では主に全身麻酔で除去を行います。また、麻酔なしの無麻酔による歯石除去もありますので、子犬や高齢など年齢的な理由、腎臓や肝臓の持病など身体的な理由で麻酔をできないワンちゃんも歯石をとることができます。施術後は歯石が取れることできれいなピカピカの歯になります。

無麻酔の歯石除去は、やり方をレクチャーしてもらえるイベントやセミナーなどが開催されることもありますので、ご自分で歯石除去を行いたい飼い主さんは、機会がありましたら参加するとよいと思います。

歯石の除去後のケア

歯石が除去できて嬉しい飼い主と犬

歯石を除去した後もすぐに歯石がつきやすくなるので安心ではありません。歯みがきが大切になりますので、歯石を除去する前の状態にならないよう、口内のケアは毎日続けてください。歯石がたまり、歯周病が進んで治療が必要となる前に、ワンちゃんの口内環境を見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

- 犬のデイリーケア - 犬の病気と予防の関連記事

閉じる

お手伝いします

お電話お気軽にご質問ください

0776-77-3611 受付時間
9:00-17:00
(土日祝を除く)

ドッグワールド本店

ペットとの快適な暮らしをお手伝い!